男性も発症する更年期障害!ホルモンの分泌が原因で引き起こる

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

健康で美しく生きるために

青汁

腸と肌を健康にする

野菜不足が気になる、便秘、肌荒れを何とかしたいと考えるなら、青汁を摂ることも効果的です。青汁には豊富な食物繊維やビタミンが含まれており、肌の改善や便秘解消効果が望めます。そして、最近では腸内環境の改善に着目し、乳酸菌が入った製品も多く販売されています。ストレスによる暴飲暴食などで偏った食生活をしていると腸内環境が悪化し、便秘や肌荒れの原因になります。青汁に含まれている食物繊維やビタミン、そして乳酸菌は、そういった症状を改善させるにはぴったりの健康食品です。青汁にはビタミンCやビタミンEが含まれており、美白効果、抗酸化作用なども期待できます。そのため、便秘の改善、肌の改善効果を望んでいる場合には、うってつけの健康食品となります。

飲むタイミングを考える

乳酸菌入りの青汁を飲んで便秘解消を図るなら、交感神経が切り替わる時間帯を狙うとより効果的です。交感神経が切り替わるのは、朝の目覚めのタイミングとなります。この時間帯に腸内に青汁が存在していれば、腸が刺激され、スムーズに便通が促されます。そのため、朝の便通を見越して、就寝直前のタイミングに飲んでおくことが効果的です。また、乳酸菌によって腸内環境を整えるには、ある程度の時間がかかるため、毎日持続して摂っていくことも大切です。持続して取り入れていく場合には、味にもこだわっておいしく飲んでいきたいところです。現在販売されている多くの青汁はおいしく加工されていますが、時には口に合わない製品に当たる時もあります。そんな場合は、まろやかな風味を出すために、はちみつやメープルシロップなどを混ぜると飲みやすくなります。