男性も発症する更年期障害!ホルモンの分泌が原因で引き起こる

男性と女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

今注目の栄養成分

サプリ

βグルカンは体に良いことが沢山ある栄養成分で、特に副作用もなく安全なので、これからも長く健康に過ごしたいと思われる方には良い成分です。購入の際には品質も値段も納得のいく製品を選んで買うのがお勧めです。

Read More

健康で美しく生きるために

青汁

乳酸菌が入った青汁は、腸内環境を整える力が高く、便秘の解消や肌改善の効果が望めます。腸内環境のことを第一に考えるなら、就寝前の摂取が効果的です。朝目覚めたタイミングで腸を刺激し、スムーズな便通を促してくれます。

Read More

原因不明の不調の原因

頭を抱える男性

理解されていないもの

更年期障害と聞くと女性がなるものというイメージが強くありますが、男性にも更年期障害があります。女性は閉経を迎える前後5歳の間に起こり、閉経という体の変化が分かりやすくありますが、男性には分かりやすい変化がないため男性が更年期障害になったとしても分かりにくい場合がほとんどです。また日本では男性が更年期障害になるというイメージがないため、不調が続いていても本人もなぜそうなのかわからず、そしてどこに相談に行けば良いのか分からないというのがあります。また周囲にいる友人や家族にも相談しにくいということもあります。しかし、あまり知られてはいませんが、男性の更年期障害に対応している病院は近年増えてきています。内科や心療内科で対応したり、男性の様々な問題に対応している病院もあります。特に体に問題が無くても不調がある場合は調べて受診し相談することは不調を改善するための一歩になります。

ホルモンの分泌が影響

男性の更年期障害の原因は男性ホルモンのテストステロンの減少です。男性ホルモンの分泌は20代が1番多く、年齢を重ねるごとに減少していきます。この減少には個人差があり、年齢を重ねても少ししか減少していない方もいれば、40代なのに70代の平均ぐらいの分泌量しかない方もいます。男性の更年期障害の症状は、極端なやる気や集中力の低下、不眠、勢力の減退、心筋梗塞などになりやすくなるなどがあります。特にやる気や集中力の低下がひどくなってしまうとうつ病を引き起こしてしまうので注意が必要です。極端なやる気や集中力の低下は本人ではなく周りにいる家族が気がつくことがあります。早めに対応することが悪化を防ぐにはとても大切なことです。

若々しい肉体を保つため

栄養ドリンク

プラセンタには、細胞の材料となるアミノ酸や脂質、グロースファクターが含まれています。そのためプラセンタドリンクを飲めば、新しい細胞が多く作られることで、老化現象が起こりにくくなります。馬由来のものはアミノ酸量の多さから、豚由来のものは価格の安さから、それぞれ注目されています。

Read More